健康用語WEB事典

トランスポゾン(transposon)

ゲノムDNA上の位置を移動することができる塩基配列のこと。動く遺伝子転移因子とも呼ばれる。

この移動には転移酵素と呼ばれる酵素が必要。トランスポゾンは自身の塩基配列中に転移酵素トランスポゼース)の遺伝子配列を持つ。遺伝子再構成を引き起こす。

トランスポゼースの働きによってゲノムから切り離されたトランスポゾンは環状のDNAとなって移動し、ゲノムの他の部位に挿入される。*1

アサガオの変わり咲き(突然変異)の多くはトランスポゾンによる遺伝子再構成によってもたらされたとされている。

トランスポゾンは、染色体ゲノム中を "移動" できる特殊な塩基配列のことで、入り込んだトランスポゾンはゲノム中で自らをコピー、ペースト、デリートすることができる。つまり、トランスポゾンが動きまわった部分の遺伝子が "再構成" されることになるのである。*2

トランスポゾンの塩基配列の両端には、トランスポゾン独特の配列である逆向き反復配列が存在し、転移酵素はこの逆向き反復配列を認識して、トランスポゾンをDNAから切り取る。このとき、元々トランスポゾンが入っていた場所には、フットプリントと呼ばれる逆向き反復配列一組(もしくはその一部)が残る。切り取られたトランスポゾンと転移酵素の複合体は他のDNA上へ移動し、転移酵素はトランスポゾンをDNAへ挿入する。*3

DNA配列が直接転移するもの(DNAトランスポゾン)と、転写されたRNA逆転写を経て転移するもの(レトロトランスポゾン)の2種類が存在する。*4

環境ストレス(高温など)によって活性化するトランスポゾンがストレスに耐性を持った個体を誕生させることが報告されている。*5

*1“リンパ球系列” という既成概念からの解放 血液細胞分化研究におけるパラダイムシフト 河本宏 桂義元: http://kawamoto.frontier.kyoto-u.ac.jp/common/images/contents_for_researchers/d_03/kagakusousetu.pdf
*2技術評論社 西村尚子 知っているようで知らない免疫の話 ヒトの免疫はミミズの免疫とどう違う?(2010/8/25)
*3トランスポゾンを用いた突然変異体の作製とその技術の開発: http://www.bio.sci.osaka-u.ac.jp/bio_web/lab_page/nishida/otamaboya/3-3.html
*4転写因子と突然変異: https://ocw.kyoto-u.ac.jp/ja/frp7an/genetics/pdf/11.pdf
*5北海道大学 トランスポゾンが環境ストレス耐性植物を誕生させた!: https://www.hokudai.ac.jp/news/160316_sci_pr2.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


トランスポゾンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-08-10 (金) 08:35:18