健康用語WEB事典

トリアムシノロンアセトニド(triamcinolone acetonide)

合成副腎皮質ホルモンであるトリアムシノロンアセトニド筋肉関節腔を始めとした様々な組織への局所注射ステロイド剤として用いられる。商品名はケナコルト-A*1

トリアムシノロンアセトニドの化学構造

形成外科整形外科科、科などで広く使用される薬剤であり、気道への局所注射に用いられている報告もある。*2

口内炎に対する市販外用薬の代表的な成分のひとつ。*3

*1ケナコルト-A筋注用関節腔内用水懸注40mg/1mL: https://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2454402A3033_1_14/
*2日本小児外科学会雑誌 トリアムシノロンアセトニド局所注射療法後に喉頭気管形成術を施行し良好な経過をたどった,高度後天性声門・声門下腔狭窄症の1例: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjsps/52/4/52_987/_article/-char/ja/
*3東京医科大学病院 薬剤部 お薬のしおり 口内炎の治療とお薬について: https://hospinfo.tokyo-med.ac.jp/shinryo/yakuzai/data/178.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


トリアムシノロンアセトニドに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filetriamcinolone_acetonide.png 閲覧数 16回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2020-04-14 (火) 12:54:05