健康用語WEB事典

トリコテセン(trichothecene)

フザリウム属などの糸状菌が生産するマイコトキシンカビ毒)。エポキシ環を有するセスキテルペノイド。トリコテセン系マイコトキシンは200種ほどが確認されている。*1*2

穀類を汚染する代表的なマイコトキシンであり、汚染された穀物をヒトや家畜が摂取すると下痢嘔吐食中毒性無白血球症などの中毒症状を引き起こす。

キノコであるカエンタケの有毒成分のひとつ。*3

*1トリコテセン系カビ毒検出法の近年の動向 田中彰 安藤直子: https://www.jstage.jst.go.jp/article/myco/66/1/66_63/_article/-char/ja/
*2遺伝子研究施設 | 金沢大学 学際科学実験センター: http://gene.asrc.kanazawa-u.ac.jp/research/nishiuchi_lab/121.html
*3日本の植物性自然毒による 食中毒発生状況について 国立医薬品食品衛生研究所 登田美桜: https://www.nihs.go.jp/kanren/shokuhin/20141031-dcbi.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


トリコテセンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-08-24 (月) 08:24:46