トリプシノゲン(trypsinogen)

トリプシン前駆体プロ酵素)。膵臓から分泌され、膵液に含まれる。トリプシノーゲンとも呼ばれる。*1

エンテロキナーゼの働きによって十二指腸トリプシンとなる。*2

*1西東社 カラー図解 栄養学の基本がわかる事典 川島由起子(2013/4/4): https://amzn.to/2tzGwYt
*2東京医科歯科大学教養部 教養部 生物学分野 第10章 タンパク質のはたらき: http://www.tmd.ac.jp/artsci/biol/textintro/Chapt10.htm

トリプシノゲンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-02-18 (月) 14:28:44