健康用語WEB事典

トリメチルアミン尿症(trimethylamineuria)

体内に取り込まれたトリメチルアミンが分解されず、尿呼気の中に排出される疾患。患者の体から腐りかけた魚のような臭いが発生するため、魚臭症候群とも呼ばれる。*1*2

原因として肝臓FMO3遺伝子多型が知られている。

*1昭和薬科大学 魚臭症候群,魚臭症,トリメチルアミン尿症,Trimethylaminuriaの日本におけるホームページ: http://hiroshi-yamazaki.my.coocan.jp/
*2日本薬物動態学会年会講演要旨集 アジアにおける魚臭症候群患者のトリメチルアミン代謝の変動要因: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jssxmeeting/18/0/18_0_23/_article/-char/ja/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


トリメチルアミン尿症に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-02-05 (水) 15:45:13