健康用語WEB事典

トロキシピド(troxipide)

胃潰瘍など粘膜病変、胃炎に対する治療薬(大原薬品工業株式会社)。商品名はアプレース*1

トロキシピドの化学構造

粘膜プロスタグランジンを増加させ、それを介して熱ショックタンパク質を誘導し、熱ショックタンパク質シャペロン機能によって粘膜を保護していると考えられている。*2

*1*トロキシピド錠100mg「オーハラ」: http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2329015F2146_1_01/
*2分子シャペロンを用いた胃粘膜障害の予防・治療 浅井みどり 川島大介 大塚健三: http://stu.isc.chubu.ac.jp/bio/public/ann_rep_res_inst_biol_funct/annual-report_v7_2007/pdf/109.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


トロキシピドに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




添付ファイル: filetroxipide.png 閲覧数 162回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-08-29 (木) 07:24:54