健康用語WEB事典

トロポコラーゲン(tropocollagen)

コラーゲンを構成する、3本のペプチドα鎖)が螺旋状に巻き付いた構造のこと。

コラーゲンは3本のペプチド鎖がらせん状に巻き付いた「トロポコラーゲン」を構成単位にしています。軟骨真皮などではこのトロポコラーゲンが集まったコラーゲン繊維が縞模様のように張り巡らされ、その間に細胞線維芽細胞)が配置されるような形になります。*1

線維芽細胞細胞外に分泌したⅠ型プロコラーゲンが切断されてできる。トロポコラーゲン会合して膠原原線維コラーゲン細線維)となり、これが集まって膠原線維が作られる。*2

*1技術評論社 石浦章一 タンパク質はすごい! 心と体の健康を作るタンパク質の秘密(2014/1/5)
*2香川大学医学部 組織細胞生物学 結合組織の定義と分類: http://www.kms.ac.jp/~anatomy2/Histology6.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


トロポコラーゲンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-11-20 (水) 12:27:55