健康用語WEB事典

ドウモイ酸(domoic acid)

外因性興奮性アミノ酸のひとつ。紅藻のハナヤナギから抽出された。ムラサキイガイが持つ記憶喪失性貝毒としても確認されている。*1

ドウモイ酸の化学構造

カイニン酸のおよそ10倍の神経興奮作用を持つ。

ドウモイ酸の生理活性は神経興奮作用を示し、カイニン酸に比べ 10倍程度の活性を有している。そのため回虫ばかりでなく、ぎょう虫の駆除作用もあるが、天然からは微量にしか得られなかったために、薬剤にはなり得なかった。*2

*1道衛研所報 記憶喪失性貝毒成分ドウモイ酸によるマウスの自発的交替行動障害に及ぼす代謝調節型グルタミン酸受容体作動薬の効果 上野健一: http://www.iph.pref.hokkaido.jp/Kankobutsu/Shoho/annual54/n08.pdf
*2慶應義塾大学理工学メディアセンターリポジトリ 連続的シグマトロピー転位の開発と (-)-カイニン酸全合成への応用: http://iroha.scitech.lib.keio.ac.jp:8080/sigma/handle/10721/2617

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ドウモイ酸に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filedomoinic_acid.png 閲覧数 114回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2018-10-24 (水) 09:05:20