ナイーブヘルパーT細胞(naive helper T cells)

胸腺で作られて脾臓リンパ節に出てきた段階の、機能が確定していないヘルパーT細胞

抗原提示細胞からの抗原の提示や副刺激、周辺の環境などによって機能が決定する。

主に以下のヘルパーT細胞に変化する。


ナイーブヘルパーT細胞に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:06:59