ナイーブT細胞(naive T cell)

胸腺から出たばかりで抗原の刺激を受けていないT細胞活性化T細胞エフェクターT細胞)になる前の状態。Th0細胞とも。*1*2

ナイーブT細胞は接着因子を介して高内皮細静脈に結合し、樹状細胞から放出されたケモカイン濃度勾配に従って二次リンパ器官へと移動する。そこで抗原を取り込んだ樹状細胞に接触(抗原提示)されると活性化され、その後増殖してエフェクターT細胞となる。*3*4

この抗原の提示と同時に、樹状細胞B7CD80/CD86)をナイーブT細胞のCD28に結合させてシグナルを伝達することが活性化に必要とされる。この伝達が無いとT細胞アナジーとなる。また、マクロファージ分泌するIL-1による刺激も必要。*5*6

活性化されたナイーブT細胞はIL-2分泌し、オートクリンで増殖する。

*1九大神経内科:教授挨拶 > 教授からの一言 > アトピー性脊髄炎調査研究班の発足とTh2からTh9へのパラダイムシフト(平成21年4月11日): https://www.med.kyushu-u.ac.jp/neuro/prof/20090411_2.html
*2徳島大学先端酵素学研究所免疫系発生学分野 T細胞の分化と機能: http://www.genome.tokushima-u.ac.jp/dei/tcellreview.html
*3徳島大学先端酵素学研究所免疫系発生学分野 大学院医科学教育部免疫系発生学分野 T細胞の分化と機能: http://www.genome.tokushima-u.ac.jp/dei/tcellreview.html
*4京都大学再生医科学研究所 河本宏研究室 一般の方向け記事:免疫のしくみを学ぼう!: http://kawamoto.frontier.kyoto-u.ac.jp/public/public_006.html
*5公立大学法人 福島県立医科大学 第14〜15回 T細胞を介する免疫系: https://www.fmu.ac.jp/cms/immunol/kogi/2015/%E7%AC%AC%EF%BC%91%EF%BC%94%EF%BD%9E%EF%BC%91%EF%BC%95%E5%9B%9E%E3%80%80%EF%BC%B4%E7%B4%B0%E8%83%9E%E3%82%92%E4%BB%8B%E3%81%99%E3%82%8B%E5%85%8D%E7%96%AB%E7%B3%BB.pdf
*6西東社 カラー図解 免疫学の基本がわかる事典 鈴木隆二(2015/6/3): https://amzn.to/2SW7bgi

ナイーブT細胞に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-01-17 (木) 17:07:39