健康用語WEB事典

ナリンジン(naringin)

柑橘類に含まれるポリフェノールフラボノイド)のひとつ。苦味がある。ナリンギンとも呼ばれる。

ナリンジン(ナリンギン)の化学構造

アグリコンナリンゲニン血管透過性改善や抗腫瘍活性、抗アレルギー作用などを持つことが報告されている。*1

マンニトール体脂肪蓄積抑制作用を増強するとされる。*2

*1レモン(Citrus limon)特有のフラボノイドに関する研究 -成分分析・分子特性・機能性に基づく有用性の評価- 県立広島大学大学院 総合学術研究科 生命システム科学専攻 山本涼平: http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/pu-hiroshima/detail/1226520150525134622
*2マンニトールならびにナリンジンがラットの体成分蓄積や血清脂質に及ぼす影響 岡山大学 生物圏システム科学専攻(応用動物機能学講座)西山紋惠: http://www.okayama-u.ac.jp/user/an/right.htm/jfiles.pdf/nishiyama.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ナリンジンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filenaringin.png 閲覧数 360回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2018-04-04 (水) 17:24:16