ナロキソン(naloxone)

オピオイド受容体アンタゴニスト麻酔の効果を弱める作用を持つ。*1*2

ナロキソンの化学構造

拮抗作用の強さはレバロルファンの約3倍、ナロルフィン?の約15倍とされる。*3

*1剤型を勝手に変えてはいけない 帝京大学医学部薬理学 中木敏夫: http://www.med.teikyo-u.ac.jp/~nakaki/199908.pdf
*2旭川医科大学病院 塩酸ナロキソン注射液「三共」: http://www.asahikawa-med.ac.jp/hospital/pharmacy/db/medis/2/2219402A1022.html
*3*ナロキソン塩酸塩静注0.2mg「第一三共」: http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2219402A1030_1_04/

ナロキソンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


添付ファイル: filenaloxone.png 閲覧数 50回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-09-12 (木) 08:45:27