健康用語WEB事典

ニコチンアミドモノヌクレオチド(nicotinamide mononucleotide : NMN)

長寿に関わるとされるサーチュインを活性化するNADの合成に必要なヌクレオチドニコチン酸モノヌクレオチドとも。*1

ニコチンアミドモノヌクレオチドの化学構造

体内では腎臓尿細管で主に産生されており、その産生が減ると糸球体足細胞の機能にも異常が起こる。糖尿病の治療において、タンパク尿の段階に投与することで糖尿病性腎症の進行を抑制できる可能性が報告されている。*2

動物を用いた研究では、NMNの投与によって様々な臓器に存在するニコチンアミドアデニンジヌクレオチドNAD)が増加し、加齢に伴って生じる疾病が抑えられることが確認されている。*3

ヒトに投与した場合も投与量に応じて体内で代謝され、安全な投与が可能なことが報告されている。

タグ: 有機化合物 ヌクレオチド サーチュイン 腎臓 加齢

*1東邦大学 バーチャルラボラトリ メディアネットセンター NMNは夢の若返りサプリメント?: http://www.mnc.toho-u.ac.jp/v-lab/aging/doc2/doc2-01-2-10.html
*2糖尿病による腎不全のストッパーとなる治療法を発見:[慶應義塾]: https://www.keio.ac.jp/ja/press-releases/2021/4/2/28-79170/
*3世界初 抗老化候補物質NMNを、ヒトに安全に投与できることが明らかに:[慶應義塾]: https://www.keio.ac.jp/ja/press-releases/2020/1/21/28-66964/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ニコチンアミドモノヌクレオチドに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




添付ファイル: filenicotinamide_mononucleotide.png 閲覧数 467回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2021-04-05 (月) 07:18:24