健康用語WEB事典

ニコチン酸(nicotinic acid)

ナイアシンに分類される有機化合物のひとつ。NAD前駆体ニコチン酸化により得られるピリジン誘導体3-ピリジンカルボン酸)。ピコリン酸構造異性体*1

ニコチン酸の化学構造

ニコチン酸には血清コレステロールを低下させる作用があるため、ニコチン酸またはその誘導体が血流促進や脂質代謝改善、脂質異常症動脈硬化の改善などの目的とする医薬品で使用されている。同じナイアシンであるニコチンアミドにはこの効果は確認されていない。*2

タグ: 有機化合物 NAD ニコチン コレステロール ナイアシン

*1有機合成薬品工業(株) 東京研究所研究企画 直井嘉威 ニコチン酸: https://www.jstage.jst.go.jp/article/yukigoseikyokaishi1943/49/6/49_6_592/_article/-char/ja/
*2三重大学 ニコチン酸,ニコチンアミドおよびイソニコチン酸のヒ卜白血病細胞に対する分化誘導: http://miuse.mie-u.ac.jp/bitstream/10076/15389/1/50C17812.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ニコチン酸に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filenicotinic_acid.png 閲覧数 405回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2021-08-19 (木) 16:29:03