健康用語WEB事典

ニトラゼパム(nitrazepam)

ベンゾジアゼピン系のひとつ。抗不安作用や催眠作用、抗痙攣作用、筋弛緩作用を持つ。商品名はベンザリン*1

ニトラゼパムの化学構造

麻酔前の催眠導入として用いられる。また、不眠症点頭てんかんミオクロヌス発作失立発作、焦点性痙攣発作精神運動発作自律神経発作などの治療として用いられる。*2

タグ: 有機化合物 医薬品成分 ベンゾジアゼピン 催眠

*1オールカラー決定版! お薬事典 2020年版 自由国民社 郷龍一 一色高明(2019/5/23): https://amzn.to/351ulWy
*2奈良県立医科大学附属病院 中央臨床検査部 ニトラゼパム: http://www.naramed-u.ac.jp/~lab-h/labo/ichiji-s/%E3%81%9D%E3%81%AE%E4%BB%96/3L165%20%E3%83%8B%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%BC%E3%83%91%E3%83%A0%20nitrazepam.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ニトラゼパムに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filenitrazepam.png 閲覧数 60回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2020-10-26 (月) 08:22:40