健康用語WEB事典

ニトログリセリン(nitroglycerin : NTG)

一酸化窒素を生成して血管を拡張する作用を持つ有機化合物。その作用は強力な上に即効性がある。爆発性があり火薬(ダイナマイト)の原料となる。*1

ニトログリセリンの化学構造

ミトコンドリアALDH2により代謝され一酸化窒素を生じる。*2

狭心症心筋梗塞心臓喘息食道アカラシアなどの発作に対して用いられるが、繰り返し用いることで耐性ができることが知られている。*3*4

*1ニトログリセリンによる上腕動脈血管拡張反応からみたバルサルタン降圧効果の予測: 高周波超音波計測による検討: http://www.jcc.gr.jp/journal/backnumber/bk_jcold/pdf/471-2(L).pdf
*2お酒が飲めない⼈は⼼筋梗塞が重症となる?: http://www.tmd.ac.jp/mri/cph/members/PDF/nikkei_2014October_ALDH2.pdf
*3旭川医科大学病院 薬剤部 ニトログリセリン: http://www.asahikawa-med.ac.jp/hospital/pharmacy/db/medis/2/2171013K1028.html
*4ニトログリセリン 帝京大学医学部薬理学 中木敏夫: http://www.med.teikyo-u.ac.jp/~nakaki/199902.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ニトログリセリンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filenitroglycerin.png 閲覧数 54回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-10-11 (金) 08:40:33