健康用語WEB事典

ニパウイルス(Nipah virus)

パラミクソウイルスの一種。養豚場労働者の間で起こる急性脳炎として発見された。*1*2

ヒトへの感染は主にブタの体液組織との接触によると考えられている。マレーシアでの流行においてはオオコウモリにより感染したブタがヒトへの感染源とされ、バングラデシュでの流行においてはオオコウモリからヒトへの直接感染が指摘されている。*3

症状は急激に現れる発熱頭痛めまい嘔吐意識障害脳幹機能不全症状など。

治療にリバビリンが効果的であったとする報告がある。

タグ: ウイルス 感染症 脳炎 パラミクソウイルス

*1国立感染症研究所 ニパウイルス感染症とは: https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/447-nipah-intro.html
*2ニパウイルス感染症|厚生労働省: https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou11/01-04-22.html
*3関西空港検疫所 ニパウイルス感染症: https://www.forth.go.jp/keneki/kanku/disease/dis05_02nip.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ニパウイルスに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2021-07-25 (日) 06:36:36