健康用語WEB事典

ニューモリシン(pneumolysin)

肺炎球菌細菌内部に有するコレステロール依存性細胞溶解毒素CDC)。*1

肺胞上皮細胞に対する直接的な毒性はないが、好中球細胞膜を融解させることで好中球が持つエラスターゼ細胞外に漏出させる。このエラスターゼによって肺胞上皮によるバリアを崩壊させる。*2

タグ: 毒素 肺炎 細菌 肺胞 好中球 CDC

*1高いヒト指向性を示す細菌毒素の分子特性と連鎖球菌感染症への関与 徳島大学大学院・ソシオテクノサイエンス研究部・ライフシステム部門 長宗秀明: http://p.bunri-u.ac.jp/open/pic/nagamine.pdf
*2新潟大学 肺炎球菌は自殺することでヒトの免疫系を悪用し,肺に傷害を与えることを世界で初めて明らかにしました 肺炎の予防法や治療法の開発につながる可能性: https://www.niigata-u.ac.jp/wp-content/uploads/2016/11/281130_1.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ニューモリシンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




このページの最終更新日時: 2020-11-03 (火) 10:34:43