ニューロメジンU(neuromedin U)

弓状核から分泌される、摂食を抑制するニューロメジン*1

1985年に発見され、子宮平滑筋を強力に収縮させる作用を持つことからUと名付けられた。*2

視交叉上核にも発現概日リズムに関わる。また、熱や痛みの反射機能や環境への適応の調節、の制御に重要であることが確認されている。*3*4*5

*1食欲調節の中枢神経機構 新見道夫 香川県立保健医療大学保健医療学部臨床検査学科: https://ci.nii.ac.jp/els/contentscinii_20180515145305.pdf?id=ART0010024891
*2シリーズ 新しい内分泌現象 ニューロメジンSとその多様な機能: https://www.jstage.jst.go.jp/article/nl2008jsce/37/142/37_142_124/_pdf
*3ニューロメジンUとニューロメジンSの新たな機能解明に関する研究 | 生化学部 | 各部のご紹介 | 国立循環器病研究センター研究所: http://www.ncvc.go.jp/res/divisions/biochemistry/02-theme04.html
*4KAKEN — 研究課題をさがす | 新規ペプチド、グレリンとニューロメジンU、の新たな生理作用の検索と臨床応用 (KAKENHI-PROJECT-15658087): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-15658087/
*5脳内因子が骨を制御|東京医科歯科大学プレスリリース: http://www.tmd.ac.jp/cmn/soumu/kouhou/news20070914.html

ニューロメジンUに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-09-01 (土) 10:40:49