健康用語WEB事典

ニーマン・ピック病(Niemann-Pick disease)

酸性スフィンゴミエリナーゼが欠損する常染色体劣性遺伝疾患。リソソーム病の一種。

ニーマン・ピック病A型

小児早期に死亡する神経型の酸性スフィンゴミエリナーゼ欠損症。初発症状は肝脾腫で通常生後3ヶ月までに起こり、経過とともに腫大する。*1

ニーマン・ピック病B型

ニーマン・ピック病C型*2

進行性の臓器症状や精神神経症状を来すニーマン・ピック病

コレステロールエステル化障害と輸送障害により細胞内に遊離型コレステロール糖脂質が蓄積する。乳児期以前に発症するほど胎児水腫新生児遷延性黄疸?肝脾腫などの臓器障害が現れやすく致命的。

幼少期?以後、学童期以前に発症する場合は眼球運動障害や小脳失調?カタプレキシー精神症状などの緩徐進行性の精神神経症状を呈するとされる。

成人の発症における精神神経症状として、小脳失調?垂直性核上性注視麻痺?構音障害?認知機能障害運動障害?などが半数以上で見られる。

タグ: 疾患 欠損症

*1GRJ 酸性スフィンゴミエリナーゼ欠損症 GeneReviews著者: Melissa P Wasserstein, MD and Edward H Schuchman, PhD 日本語訳者: 和田宏来(県西総合病院小児科/筑波大学大学院小児科): http://plaza.umin.ac.jp/~grj/grj/asmd.htm
*2Savant 症候群が特徴的であった成人発症のニーマン・ピック病C型 variant biochemical phenotype の1例: https://www.neurology-jp.org/Journal/public_pdf/056060424.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ニーマン・ピック病に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-10-11 (日) 11:17:44