ヌクレオポリン(nucleoporin)

核膜孔に存在するタンパク質細胞核内部に移行し、細胞の発生や細胞周期に関わる遺伝子発現を直接調節する。*1

*1核質に存在するヌクレオポリンは発生と細胞周期に関連する遺伝子の発現に直接的に関与している - 世界の幹細胞(関連)論文紹介 - 慶應義塾大学 グローバルCOEプログラム 幹細胞医学のための教育研究拠点: http://www.med.keio.ac.jp/gcoe-stemcell/treatise/2010/20100903_02.html

ヌクレオポリンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-03-09 (金) 21:24:38