健康用語WEB事典

ネオ基質(neo substrate)

特定の薬剤の存在下でのみ分解される標的タンパク質。例えば、サリドマイド薬剤セレブロンに結合するとその基質特異性が変化し、通常は分解されないタンパク質が分解される。*1

転写因子Ikaros?Aiolos?は、レナリドミドポマリドミドの抗骨髄腫作用に関与するセレブロンネオ基質である。また、ARID2ポマリドミド特異的なネオ基質であることが報告されている。

タグ: タンパク質 基質

*1免疫調節薬ポマリドミドの新規作用機序の解明 再発・難治多発性骨髄腫の新たな創薬標的を発見 | 東工大ニュース | 東京工業大学: https://www.titech.ac.jp/news/2020/047846.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ネオ基質に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-10-08 (木) 20:29:36