ネスファチン(nesfatin)

摂食を抑制する作用を持つペプチド室傍核から分泌される。食事によって血液中に増加するグルコースインスリンによって分泌量が増加する。*1

また、脂肪細胞消化管でも発現して食欲抑制に関わり、脂肪細胞分化にも影響する。*2

ラットの実験から、室傍核におけるネスファチンが摂食の体内時計を構成し、その障害が肥満における摂食リズム障害の一因となることが報告されている。ネスファチンが無くなることで過食が起こる。*3*4

*1自治医科大学医学部 満腹感を生むメカニズムの一端を解明 食事とネスファチンの関係: http://www.nips.ac.jp/srpbs/media/press/120319_jichi_yada-1.pdf
*2食欲調節と消化管ホルモン ネスファチン-1の食欲調節と臨床的意義 (臨牀消化器内科 31巻9号) | 医書.jp: https://webview.isho.jp/journal/detail/abs/10.19020/J01937.2016392516;jsessionid=B9F7433C650EA3D107A208143D027BA1
*3自治医科大学医学部 食欲の体内時計の鍵分子の発見 ネスファチン上昇と食欲低下の同調: http://www.nips.ac.jp/srpbs/media/press/130409jichiidai_yada.pdf
*4[医学部] 食事リズムを形成し肥満を防ぐ“体内時計分子ネスファチン”を発見|2013年度|研究情報|お知らせ|自治医科大学: https://www.jichi.ac.jp/news/research/2013/20130507.html

ネスファチンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


このページの最終更新日時: 2019-01-22 (火) 08:25:21