ネトリン4(netrin 4)

痛みを伝える脊髄内の介在神経で特異的に発現する分泌性のタンパク質神経障害による痛みの伝達を行う。

ネトリン4の分泌を抑えることで鎮痛作用を得られる。

脊髄後角介在神経から分泌されるネトリン4は、痛みを伝える二次痛覚神経発現するUnc5B?受容体に結合することで、この神経神経興奮を引き起こし、神経障害性疼痛を発症させることが分かりました。*1

*1痛みのシグナルを強めるタンパク質を発見 — リソウ: http://resou.osaka-u.ac.jp/ja/research/2016/20161118_1

ネトリン4に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-04-08 (日) 10:13:31