ハイドロキシアパタイト(Hydoroxyapatite : HAp)

人体のを構成するリン酸カルシウムの一種。ヒドロキシアパタイトとも呼ばれる。化学式は Ca10(PO4)6(OH)2

硝酸カルシウムと各種リン酸塩を水に溶解させると、硝酸塩硝酸などと同時に生成される。*1

はハイドロキシアパタイトとコラーゲンから構成される。現在は人工、人工歯根、人工関節などに応用されている。と融合しやすく、タンパク質脂質糖質と吸着しやすいなど人体への親和性を持つ。*2*3

人のの60%、エナメル質の97%、象牙質の70%がハイドロキシアパタイトからできています。*4

非常に硬いが、には溶けやすい性質がある。フッ素と反応してフルオロアパタイトというに溶けにくい物質になる。この性質を利用して虫歯を予防するために、フッ化ナトリウムを含んだ歯磨き剤などが商品化されている。

その特殊な結晶構造によって様々な化学的特性を持つ。

イオン交換特性,イオン吸着特性,触媒特性,イオン伝導特性などの多くの機能発現することが知られており,HApは多機能材料とみなすことができる。これらの機能は HAp自身がもつ特有の結晶構造に由来する。*5

*1KAKEN — 研究課題をさがす | ヒドロキシアパタイトの生成反応を活かした無機質複合木質材料の基礎的研究開発 (KAKENHI-PROJECT-16K07807): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-16K07807/
*2ハイドロキシアパタイト | 生体材料工学研究所における実用化事例 | インキュベーションラボ部門 | 国立大学法人 東京医科歯科大学: http://www.tmd.ac.jp/dtic/jirei/HAp/index.html
*3西東社 カラー図解 栄養学の基本がわかる事典 川島由起子(2013/4/4): https://amzn.to/2tzGwYt
*4ハイドロキシアパタイトとは | 株式会社サンギ: http://www.sangi-co.com/sp/apatite/index.html
*5日本大学生産工学部研究報告A ヒドロキシアパタイトとその前駆体結晶の構造類似性: http://www.cit.nihon-u.ac.jp/laboratorydata/kenkyu/publication/journal_a/a38.2.5.pdf

ハイドロキシアパタイトに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-03-05 (火) 12:33:00