ハイパーサーミア(hyperthermia)

消化管がんに対する治療法。放射線治療抗がん剤との併用療法として開発されてきた。温熱療法とも。*1

がんにおける低酸素状態や低pH状態を是正することで放射線治療抗がん剤の感受性を高めるとされる。また、温熱処理がT細胞抗原認識能やNK細胞の傷害活性を強化すること、腫瘍組織中のTGF-βの産生抑制などを誘導することが報告されている。

*1京都府立医科大学 本学「永守記念最先端がん治療研究センター」における消化器がん治療の展開 石川剛: http://www.f.kpu-m.ac.jp/k/jkpum/pdf/127/127-8/127-8-06ishikawa.pdf

ハイパーサーミアに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-02-21 (木) 07:18:27