ハチミツ(honey)

蜂によって作られる液。漢字では蜂蜜

蜂が集めた様々な種類の花の蜜が原料。成分はグルコースおよびフルクトースが80%、残り20%が水分

紀元前6000年頃のスペインの洞窟遺跡の壁画に、蜂蜜を採取する様子が描かれていることから、人類史上最初に発見された甘味料とされる。*1

一般的な蜂蜜の成分は、蔗糖を主とする花蜜がミツバチの口から分泌されるβ-フルクトフラノシダーゼと混和されたものであり、これは蜜房で熟成されることによりグルコース40%とフルクトース50%に変化し、その他に蔗糖2〜5%、麦芽糖蟻酸乳酸リンゴ酸ロウなどを含んでいる。*2

加熱された蜂蜜を摂取することで、消化管上皮細胞からの顆粒球コロニー刺激因子G-CSF)の産生が誘導され、免疫力が向上することが報告されている。この作用は、180℃で1時間加熱した蜂蜜で最も強くなるとされる。*3

加熱された蜂蜜はToll様受容体TLR2またはTLR4)を刺激することが示唆されている。

ボツリヌス毒素が含まれる場合があり、大人では問題とならないが、1歳未満の乳児では乳児ボツリヌス症の原因となり得る。*4

*1グルコースイソメラーゼによる異性化糖の開発 高崎義幸: https://sankoukai.org/secure/wp-content/uploads/untold_stories/yoshiyuki-takasaki_final.pdf
*2公開特許公報(A)_低刺激性シロップ状食酢およびその製造方法: https://biosciencedbc.jp/dbsearch/Patent/page/ipdl2_JPP_an_2004070510.html
*3名古屋市立大学事務局企画広報課広報係 ハチミツを加熱加工すると、免疫賦活作用が出現する 加熱加工ハチミツの摂取で細菌感染が予防できる可能性: http://www.nagoya-cu.ac.jp/about/press/press/release/files/20180914/300914.pdf
*4愛知医療学院短期大学 杉山成司 ハチミツによる乳児ボツリヌス症・・・甘いものには罠がある!: https://www.yuai.ac.jp/column/2018/07/13082049.html

ハチミツに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-11-11 (月) 12:15:14