健康用語WEB事典

ハバース管(Haversian canal)

緻密質血管神経を通すための管。ハバース層板に囲まれて存在する。*1*2

名前の由来は発見した医者であるクロプトン・ハバース(Clopton Havers)から。

のなかには、緻密質をつくっている円柱状のハバース層板があり、その中心にあるハバース管のなかを血管がとおっていて、のすみずみまで血液を行きわたらせています。*3

*1女子栄養大学オープンコースウェア 解剖・栄養生理学 運動系の解剖と生理: http://ocw.eiyo.ac.jp/2bu/kaibou_seiri/pdf/lecture7.pdf
*2久留米大学ホームページ トップページ 教育ユニット:組織学実習: http://www.med.kurume-u.ac.jp/med/anat2/hislab/syllabus/04.pdf
*3PHP研究所 坂井建雄 監修 骨のひみつ 人体のしくみがよくわかる! 2015/9/7

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ハバース管に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-04-13 (金) 09:39:07