ハプテン(hapten)

エピトープの一種。抗体と結合はできるが、免疫応答を引き起こす能力が無い抗原血液中の他のタンパク質と結合することで、初めて完全抗原となる。不完全抗原とも呼ばれる。*1*2

一般に、多糖脂質核酸などの分子量数百以下の低分子*3

ペニシリンはハプテンとしてIgEを誘導し、アレルギーの原因となる場合がある。

*1免疫Ⅰ - どうやって病原体から身を守るか: http://www.tmd.ac.jp/artsci/biol/textlife/immunology.htm
*2西東社 カラー図解 免疫学の基本がわかる事典 鈴木隆二(2015/6/3): https://amzn.to/2SW7bgi
*3公立大学法人 福島県立医科大学 第14〜15回 T細胞を介する免疫系: https://www.fmu.ac.jp/cms/immunol/kogi/2015/%E7%AC%AC%EF%BC%91%EF%BC%94%EF%BD%9E%EF%BC%91%EF%BC%95%E5%9B%9E%E3%80%80%EF%BC%B4%E7%B4%B0%E8%83%9E%E3%82%92%E4%BB%8B%E3%81%99%E3%82%8B%E5%85%8D%E7%96%AB%E7%B3%BB.pdf

ハプテンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-02-16 (土) 09:15:22