健康用語WEB事典

バイオアベイラビリティ(bioavailability)

服用した医薬品の有効成分の内、どれだけの量が血液中に移行して全身に循環するのかを示す指標。

「循環血中に移行した薬物量の投与量に対する比率及びその速度」と定義され、薬物の吸収量と吸収速度に関連したパラメータが指標とされます。バイオアベイラビリティの指標となるパラメータとして、血中濃度-時間曲線下面積(AUC)の他、薬物の最高血中濃度(Cmax)、最高血中濃度に達するまでの時間(Tmax)などが使われます。*1

*1城西大学 薬学部医療栄養学科 薬物の体内動態に関する用語: http://www.josai.ac.jp/~cdhn2/DB/tt/tt01.htm

ご意見・ご要望をお聞かせください。


バイオアベイラビリティに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:07:05