健康用語WEB事典

バロキサビルマルボキシル(baloxavir marboxil)

インフルエンザウイルス(A型、B型)に対する薬剤の有効成分。商品名はゾフルーザ

バロキサビルマルボキシル(ゾフルーザ)の化学構造

インフルエンザウイルスに特有のキャップ依存性エンドヌクレアーゼに作用し、インフルエンザウイルスmRNA合成を阻害し、ウイルスそのものが細胞内で増殖するのを防ぐ。*1*2*3

副作用として出血傾向がある。ワルファリンとの併用によりプロトロンビン時間が延長した報告がある。*4

*1大阪大学大学院理学研究科生物科学専攻 光合成の分子機構 講義資料:現代生命科学の基礎2018年度: http://www.bio.sci.osaka-u.ac.jp/~ohoka/materials_18/life_science_18.html
*2厚生労働省 抗インフルエンザウイルス薬の添付文書: https://www.mhlw.go.jp/content/11121000/000377870.pdf
*3薬剤部 広報誌担当 北大病院薬剤部 NEWS インフルエンザウイルス感染症治療薬について: http://www2.huhp.hokudai.ac.jp/~pharm-w/download/dinews_1809.pdf
*4独立行政法人 医薬品医療機器総合機構 バロキサビル マルボキシルの「使用上の注意」の改訂について: http://www.pmda.go.jp/files/000228446.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


バロキサビルマルボキシルに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filebaloxavir_marboxil.png 閲覧数 292回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2018-11-07 (水) 08:39:12