パラスポリン(parasporin)

バチルス・チューリンゲンシスやその近縁の細菌が産生するCry毒素のうち、溶血活性を待たないががん細胞に対する選択的損傷活性を示す膜孔形成毒素*1

以下の4種類が確認されている。

*1細胞損傷タンパク質パラスポリンを通して見るCryタンパク質の可能性 | AgriKnowledge: https://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/2010771411

パラスポリンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-06-23 (日) 08:26:54