健康用語WEB事典

パラチオン(parathion)

有機リンのひとつ。商品名はホリドール

パラチオンの化学構造

殺虫剤として使用されたが、ヒトに対する毒性が強く使用が禁じられた。

ニカメイチュウ防除のために農薬登録されたパラチオンが販売許可された昭和29年には、散布時に1957名が中毒し、307名が死亡した。昭和30年に「特定毒物指定制度」が導入され共同防除が行われるようになったが、散布時事故は収まらず毎年数十名の死亡が続いた。*1

*1平成19年度 鹿児島大学農学部附属農場・演習林及び教育学部実習地 技術部職員研修 生産過程における食品としての安全性向上: 適正農業規範(GAP) 農学部獣医学科獣医公衆衛生学 教授 岡本嘉六: http://www.vet.kagoshima-u.ac.jp/kadai/V-PUB/okamaoto/vetpub/Dr_Okamoto/Lecture/staff%20training.htm

ご意見・ご要望をお聞かせください。


パラチオンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: fileparathion.png 閲覧数 198回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-01-19 (土) 14:57:46