健康用語WEB事典

パラドキシカル効果(paradoxical effect)

抗菌薬感受性種が最小発育阻止濃度を超えた濃度で再び発育する現象。キャンディン系薬剤で見られる。パラドキシカル発育とも。*1

*1キャンディン系抗真菌薬と耐性機構 ニュージーランド・オタゴ大学口腔科学講座 新見京子 国立感染症研究所生物活性物質部 新見昌一: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjmm/50/2/50_2_057/_pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


パラドキシカル効果に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-01-27 (月) 11:03:43