パルボウイルスB19(parvovirus B19)

赤芽球前駆細胞感染し、伝染性紅斑の原因となるパルボウイルス*1

感染者の体液唾液鼻水)中に存在するため、ヒトからヒトへ感染する。母子感染流産?死産?の原因となる。*2

溶血性貧血などの患者に対しては、重い貧血を引き起こす恐れがある。*3

*1ヒトパルボウイルスB19,human parvovirus B19: https://www.okayama-u.ac.jp/user/hos/kensa/virus/hparvo.htm
*2神戸大学 医学研究科・医学部 今、パルボウイルスB19によるリンゴ病(伝染性紅斑)が流⾏しています: http://www.med.kobe-u.ac.jp/cmv/pdf/pnf4.pdf
*3長崎大学感染症ニュース 感染症とたたかう: http://www.nagasaki-u.ac.jp/ja/about/info/kansensyou/file/newsletter16_part1,2.pdf

パルボウイルスB19に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-04-22 (月) 15:31:19