健康用語WEB事典

パルマチン(palmatine)

天然に存在するイソキノリンアルカロイド

パルマチンの化学構造

がん、抗酸化、抗炎症神経保護、抗細菌、抗ウイルス、血中脂質調節などの作用を持つが、明確なDNAへの毒性も持ち、肝臓代謝酵素に複雑な影響を与えるとされる。*1

*1Palmatine: A review of its pharmacology, toxicity and pharmacokinetics - ScienceDirect: https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0300908419301105

ご意見・ご要望をお聞かせください。


パルマチンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filepalmatine.png 閲覧数 27回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-12-02 (月) 08:26:53