パルミチン酸(palmitic acid)

炭素数16の飽和脂肪酸生体内に最も多く存在する。

パルミチン酸の化学構造

パルミトイルCoAに変換され、7回のβ酸化によって8分子アセチルCoAと7分子FADH2、7分子NADHが生成される。これらから最終的には106分子ATPが得られる(129分子とする文献もある)。*1*2*3

7分子NADHおよびFADH2と、8分子アセチルCoAが作られます。アセチルCoAはさらにクエン酸回路に入り、NADHFADH2GTPが生成されます。これらが電子伝達系を経て生成されるATPは、最終的に131分子となります。脂肪酸からアシルCoAへの変換過程では、2分子ATPが消費されるので、結果、パルミチン酸1分子からは、129分子ATPが得られることになります。*4

パルミチン酸の存在下において、GPRC5BSMS2の相互作用がインスリン抵抗性を誘導することが報告されている。*5

皮脂汚れの遊離脂肪酸の中で最も多く含まれている。*6

*1秀和システム 生化学若い研究者の会 これだけ!生化学
*2「心機能と冠循環:心筋虚血の生理学」(2013 年 4 月 10 日)心機能と冠循環:心筋虚血の生理学 分子細胞情報学部門 平野勝也: http://www.med.kyushu-u.ac.jp/molcar/lecture%20notes/H25Joint%20class_cardiology.pdf
*3西東社 カラー図解 栄養学の基本がわかる事典 川島由起子(2013/4/4): https://amzn.to/2tzGwYt
*4目で見る生化学入門 原案監修 岡野 栄之 慶応義塾大学 医学部 生理学教室 教授 企画協力 中田 福市 琉球大学 医学部 名誉教授: http://www.mgu.ac.jp/main/departments/2015_dept/fn/professor/kyosukemasaki/document/2012-0703-1631.pdf
*5肥満によるインスリン抵抗性の新しい分子機構を解明 | 理化学研究所: http://www.riken.jp/pr/press/2018/20181105_1/#note1
*6CiNii 論文 -  脂肪酸汚れの洗浄に関する研究: https://ci.nii.ac.jp/naid/110000191107

コメントはありません。


パルミチン酸に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filepalmitic_acid.png 閲覧数 98回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-09-13 (金) 15:10:01