パルミトレイン酸(palmitoleic acid)

マカデミアナッツ油やアボガドなどに多く含まれる脂肪酸パルミチン酸を構成する炭素鎖の9位-10位(Δ9)が二重結合になった一価不飽和脂肪酸9-ヘキサデセン酸パルミトオレイン酸とも呼ばれる。*1

パルミトレイン酸の化学構造

Δ9-デサチュラーゼによってパルミチン酸のΔ9が不飽和化されてパルミトレイン酸となる。常温で液体(融点 -0.5℃)*2

パルミトレイン酸とカルシウムとのが、黄色ブドウ球菌アクネ菌に対する殺作用を持つことが報告されている。その上、人体に有用な表皮ブドウ球菌は殺しないとされる。*3

ヒトの皮膚にも含まれており、皮膚の再生を助ける働きを持つとされる。*4

Wnt細胞外に分泌されるために、パルミトレイン酸が付加されることが必要。*5

パルミトレイン酸の酸化物である2-ノネナール加齢臭の原因となる。

2-ノネナールは、皮脂に含まれるパルミトレイン酸等のω-7不飽和脂肪酸酸化生成物であり、加齢に伴い放散量が増加することから、香粧品分野では「加齢臭」と呼ばれている。従来「体のにおい」は、皮膚常在菌の作用によるものと思われてきたが、皮膚ガスの観点から見れば放散経路の一つに過ぎない。*6

*1ラットにおけるアボカド摂取による有用性について: https://www.ir.nihon-u.ac.jp/pdf/research/publication/03_38_14.pdf
*2筑波大学 耐冷性遺伝子組換えユーカリの隔離ほ場試験 一般説明会の開催について:https://www.tsukuba.ac.jp/wp-content/uploads/130801pfpress.pdf
*3平成 27 年 2 月 4 日 国立大学法人山形大学 天然油脂由来の殺菌性パウダー 身体洗浄料・化粧品への応用の可能性: http://www.yamagata-u.ac.jp/kenkyupress/pr20150204.pdf
*4洗顔石鹸の脂肪酸組成に関する研究 生活環境学研究室 西川貴三子: https://www.tokyo-kasei.ac.jp/Portals/0/data/college/kasei/kankyo/images/Laboratory/Yoshihara/2015_%E5%8D%92%E8%AB%96%E3%83%9D%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%80%80%E8%A5%BF%E5%B7%9D.pdf
*5基礎生物学研究所 プレスリリース: http://www.nibb.ac.jp/press/061203/061203.html
*6ヒト皮膚から放散する微量生体ガスと臨床環境 関根嘉香 東海大学理学部化学科: https://i.kawasaki-m.ac.jp/jsce/jjce25_2_69.pdf

パルミトレイン酸に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


添付ファイル: filepalmitoleic_acid.png 閲覧数 161回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:07:09