健康用語WEB事典

パンクレアチン(pancreatin)

主としてブタの膵臓から得られる消化酵素消化異常症状に対する治療薬の有効成分。

プロテアーゼアミラーゼリパーゼなど多くの酵素を含有する。塩基性pHでのみ活性を示すため、小腸において作用する。膵臓性消化酵素TAとも。*1*2

*1パンクレアチン「ホエイ」: https://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2331006X1101_2_02
*2我が国で処方可能な各種消化酵素製剤の特長とそれに応じた製剤の使い分け 洪繁: https://www.jstage.jst.go.jp/article/suizo/32/2/32_125/_article/-char/ja

ご意見・ご要望をお聞かせください。


パンクレアチンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-02-13 (木) 08:19:12