健康用語WEB事典

パンテチン(pantethine)

パントテン酸欠乏症高脂血症弛緩性便秘抗生物質副作用湿疹出血傾向など)の予防および治療。商品名はパントシン*1*2

パンテチンの化学構造

リポタンパク質リパーゼの活性を上昇させ、血清中性脂肪を低下させる。血清総コレステロールを低下させ、HDLコレステロールを増加させる。また、血管壁リソソームコレステロールエステラーゼ活性を高め、血管壁へのコレステロール沈着を抑制する。脂肪酸酸化促進、腸管運動促進作用も認められている。*3

副作用として交感神経刺激による唾液分泌発汗嘔気などがある。*4

*1パンテチン錠100mg「YD」: http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/3133001F3163_2_01
*2熊本大学薬学部 臨床薬理学分野 主な下剤の種類と特徴: http://www.pharm.kumamoto-u.ac.jp/Labs/clpharm/database/docs/20150911_%E4%B8%8B%E5%89%A4%E3%81%AE%E7%A8%AE%E9%A1%9E%E3%81%A8%E7%89%B9%E5%BE%B4.pdf
*3パンテチン散20%「テバ」: https://www.info.pmda.go.jp/go/pack/3133001B1215_1_03/
*4北⼤病院薬剤部NEWS 便秘になりやすい薬剤/下剤について: https://www2.huhp.hokudai.ac.jp/~pharm-w/download/dinews_1306s.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


パンテチンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filepantethine.png 閲覧数 55回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2020-04-24 (金) 08:47:10