健康用語WEB事典

パーフォリン(perforin)

全ての細胞傷害性を有する免疫細胞NK細胞キラーT細胞γδT細胞)に発現する、数本の糖鎖を有するタンパク質。これらが抗原受容体が標的細胞上の抗原を認識すると、標的細胞との接触面から脱顆粒により放出される。*1*2

小胞体中で合成された後、阻害剤であるカルレティキュリンと結合し、ゴルジ体の働きにより傷害性顆粒の中に運ばれる。

パーフォリンの働きは、カルシウムイオン依存的に標的細胞病原体などの感染を受けた細胞)に5〜20nmの穴を開けて、グランザイム細胞内に入れるようにすること。これによって細胞アポトーシスを起こさせて破壊する役割を持つ。*3

パーフォリンは筒状の重合体をつくり、がん細胞膜を貫通させます。この孔を通ってグランザイム細胞内に入り、最終的にはがんDNAを切断して、アポトーシス細胞死)を起こさせます。*4*5

ヒトにおけるパーフォリン遺伝子突然変異は、家族性(一次性、遺伝性)の血球貪食症候群の原因となる。

タグ: 免疫 細胞死 タンパク質

*1抗腫瘍免疫反応機構の研究の進展 | SciencePortal China: https://spc.jst.go.jp/hottopics/1008immune_system/r1008_fan.html
*2金沢大学がん研究所附属分子標的薬剤開発センター FasとFasリガンド: http://dimb.w3.kanazawa-u.ac.jp/sousetsuf/sousetsu6.htm
*3Fasリガンドによるアポトーシスと炎症の分子機構と意義: http://dimb.w3.kanazawa-u.ac.jp/sousetsuf/sousetsu2.htm
*4江藤 准教授 - 宮崎大学農学部応用生物科学科: http://www.agr.miyazaki-u.ac.jp/~abs/staff/eto.html
*5東邦出版 星野泰三 吉田朋子 共著 がんのプレシジョン免疫学(2017/8/21)

ご意見・ご要望をお聞かせください。


パーフォリンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-11-07 (土) 08:25:05