パーフォリン(perforin)

NK細胞が持つ数本の糖鎖を有するタンパク質キラーT細胞分泌する顆粒中にも存在する。

抗原受容体が標的細胞上の抗原を認識すると標的細胞との接触面から脱顆粒により放出される。*1

カルシウムイオン依存的に標的細胞病原体などの感染を受けた細胞)に5〜20nmの穴を開けて、グランザイム細胞内に入れるようにする。これによって細胞アポトーシスを起こして破壊する役割を持つ。*2

パーフォリンは筒状の重合体をつくり、がん細胞膜を貫通させます。この孔を通ってグランザイム細胞内に入り、最終的にはがんDNAを切断して、アポトーシス細胞死)を起こさせます。*3*4

*1金沢大学がん研究所附属分子標的薬剤開発センター FasとFasリガンド: http://dimb.w3.kanazawa-u.ac.jp/sousetsuf/sousetsu6.htm
*2Fasリガンドによるアポトーシスと炎症の分子機構と意義: http://dimb.w3.kanazawa-u.ac.jp/sousetsuf/sousetsu2.htm
*3江藤 准教授 - 宮崎大学農学部応用生物科学科: http://www.agr.miyazaki-u.ac.jp/~abs/staff/eto.html
*4東邦出版 星野泰三 吉田朋子 共著 がんのプレシジョン免疫学(2017/8/21)

パーフォリンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-08-16 (木) 20:09:21