健康用語WEB事典

パーム油(palm oil)

アブラヤシから得られる油脂。2012年時点では世界で最も生産量の多い植物性油脂である。主な生産国はインドネシアおよびマレーシア。*1

果実の果部分の中果皮から得られる。

主に食品に用いられる。フライや菓子類へのスプレーマーガリンショートニングチョコレート類におけるカカオ代用などとして使用される。

不飽和脂肪酸が少なく飽和脂肪酸パルミチン酸)が多いため、酸化による劣化は起きにくい。微量成分としてビタミンEα-トコフェロールトコトリエノール)を含む。*2

*1インドネシアにおけるパーム油輸出の構造 中村和敏: http://reposit.sun.ac.jp/dspace/bitstream/10561/1243/1/v50n1p63_nakamura.pdf
*2パーム油の加熱安定性の評価 市川和昭 北川絵里奈: https://www.nagoya-bunri.ac.jp/information/memoir/files/2014_16.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


パーム油に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-09-18 (金) 09:13:23