ヒアルロン酸(hyaluronic acid)

皮膚を構成する二つの層(表皮真皮)や関節などの細胞外基質を構成するムコ多糖ヒアルロナンとも呼ばれる。*1

ヒアルロン酸(ヒアルロナン)の化学構造

グルクロン酸N-アセチルグルコサミンの二糖単位の枝分かれのない直鎖状の繰り返し構造から成るヘテロ多糖*2

ヒアルロン酸はD-グルクロン酸N-アセチル-D-グルコサミン?重合した酸性ムコ多糖である。硝子体臍帯関節液皮膚軟骨などの結合組織に多く含まれ、主として、線維芽細胞滑膜細胞などで産生されている。*3

1gで6000mlの水分を保持できるという高い水分保持能を有することから、皮膚に間隙をつくり、栄養分や免疫細胞等を移動させる役割をもつ。*4

ヒアルロン酸を直接皮膚に注入すると、一時的にしわを無くす美容効果が臨床現場で確認されている。しかし、から摂取したヒアルロン酸はオリゴ糖に変化するため、その美容効果は疑問視されている。*5

ヒアルロン酸同士の結合が切れることをヒアルロン断片化と呼ぶ。

経口摂取した場合、吸収率は5%程度と低いため、サプリメントなどによって補充しても効果は期待できないとされる。*6

がん細胞にはヒアルロン酸の異常な蓄積が確認されている。

ではヒアルロン酸が異常に蓄積しており、細胞の接着、遊走、増殖、浸潤、および血管新生を促進することが分かっています。*7

ヒアルロン酸合成酵素によって産生され、ヒアルロン酸分解酵素?(おもにHYAL1とHYAL2)によって分解される。

*1弘前大学大学院保健学研究科 医療生命科学領域 生体機能科学分野 中村敏也研究室 研究内容: http://www.hs.hirosaki-u.ac.jp/~kensa/matrix/newpage8.htm
*2HAS1 hyaluronan synthase 1 [Homo sapiens (human)] - Gene - NCBI: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/gene/3036
*3ヒアルロン酸, HY-A(hyaluronic acid): https://www.okayama-u.ac.jp/user/hos/kensa/protein/HYa.htm
*4東京農業大学 応用生物科学部食品安全健康学科 教授 大石祐一 栄養バランスで皮膚の健康を老化を防ぎ、若さを保つ仕組み: http://www.nodai.ac.jp/teacher/201052/2009/1.html
*5明治大学科学コミュニケーション研究所 ヒアルロン酸 | 疑似科学とされるものの科学性評定サイト: http://www.sciencecomlabo.jp/healthy_food/Hyaluronan.html
*6技術評論社 石浦章一 タンパク質はすごい! 心と体の健康を作るタンパク質の秘密(2014/1/5)
*7膵癌研究(ヒアルロン酸)|基礎研究|産業医科大学 医学部 第1外科学教室[消化器・内分泌外科]: http://www.uoeh-u.ac.jp/kouza/1geka/study2.html

ヒアルロン酸に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


添付ファイル: filehyaluronic_acid.png 閲覧数 77回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2018-03-13 (火) 19:32:50