ヒスチジンデカルボキシラーゼ(histidine decarboxylase : HDC)

ヒスチジン脱炭酸によってヒスタミンを生成する反応を触媒するデカルボキシラーゼビタミンB6補酵素とする。*1*2

マスト細胞好塩基球ECL細胞神経細胞マクロファージ樹状細胞好中球などが細胞内に持つ。*3

*1京都大学大学院薬学研究科 生体情報制御学分野 ヒスチジン脱炭酸酵素欠損マウスにおける胃酸分泌応答: http://www.pharm.kyoto-u.ac.jp/physchem/intro-HDC%20acid%20new.html
*2ヒスチジンの抗肥満作用 短期大学部 中島滋 笠岡誠一 辻眞紀子: https://bunkyo.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=4420&item_no=1&page_id=29&block_id=40
*3ヒスタミンによる免疫制御 | 薬学部田中研究室: http://www.pharm.okayama-u.ac.jp/lab/meneki/research/histamine/

ヒスチジンデカルボキシラーゼに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-04-29 (月) 14:35:25