健康用語WEB事典

ヒトヘルペスウイルス6型(human herpesvirus 6 : HHV-6)

乳児の突発性発疹の原因となるヘルペスウイルス。1986年に発見された。主にT細胞系に感染する。*1*2

薬剤によって活性化して薬剤性過敏症症候群を引き起こす恐れがある。*3

*1ヘルペスウイルスと宿主細胞の関わり ウイルスのトロピズム(細胞指向性)ウイルスの細胞進入へのメカニズムの解析: http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/micro/theme/hhv6-2/index.html
*2神戸大学大学院医学研究科・臨床ウイルス学 森研究室 研究内容: https://www.med.kobe-u.ac.jp/virol/research.html
*3大阪大学医学系研究科・医学部 東京医科大学病院 薬剤部 お薬のしおり 重症薬疹について: http://hospinfo.tokyo-med.ac.jp/shinryo/yakuzai/data/98.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ヒトヘルペスウイルス6型に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




このページの最終更新日時: 2018-10-23 (火) 14:19:32