健康用語WEB事典

ヒドロキシクロロキン(hydroxychloroquine)

クロロキンヒドロキシ化誘導体。世界的にはエリテマトーデス関節リウマチマラリアの治療薬として承認されている。商品名はプラケニル*1*2

ヒドロキシクロロキンの化学構造

副作用は他の免疫抑制剤などと比較すると少ないが、重篤なものとして網膜心臓神経などに対する障害が報告されている。

エリテマトーデスに対しては主にリソソーム内へのヒドロキシクロロキンの蓄積によるpHの変化とそれに伴うリソソーム内の種々の機能の抑制が関与しているものと推察されている。*3

*1日本内科学会雑誌 横川直人 ヒドロキシクロロキン: https://www.jstage.jst.go.jp/article/naika/100/10/100_2960/_article/-char/ja/
*2ヒドロキシクロロキン(プラケニル®) | 帝京大学医学部内科学講座リウマチ・膠原病グループ/研究室: http://www2.med.teikyo-u.ac.jp/rheum/?page_id=580
*3プラケニル錠200mg: https://www.info.pmda.go.jp/go/pack/3999038F1029_1_03/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ヒドロキシクロロキンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filehydroxychloroquine.png 閲覧数 36回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-12-28 (土) 14:02:34