健康用語WEB事典

ヒプノゾイト(hypnozoite)

肝細胞内で休眠状態となった三日熱マラリアおよび卵形マラリア原虫。長期間経過してから分裂を開始して血液中に放出され、症状を再発させることがある。治療薬は8-アミノキノリン系(プリマキンタフェノキン)が有効。*1*2

*1サノフィ株式会社 プリマキン錠 15 mg「サノフィ」 CTD 第二部-臨床に関する概括評価 2.5 臨床に関する概括評価: http://www.pmda.go.jp/drugs/2016/P20160309001/780069000_2800AMX00403000_G100_1.pdf
*2国立感染症研究所 マラリアとは: https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/519-malaria.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ヒプノゾイトに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-12-28 (土) 09:17:15