健康用語WEB事典

ヒペリシン(hypericin)

オトギリソウセントジョーンズワート)の腺体(花葉の黒点)に含まれる赤色色素。*1*2

ヒペリシンの化学構造

毒性があり、牛に光線過敏症を起こすことが報告されている。

*1セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ:St.John's wort): http://www.hoku-iryo-u.ac.jp/~wadakg/keyword/stjohnswort.html
*2オトギリソウに起因する牛の光線過敏症 | AgriKnowledge: https://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/2010214784

ご意見・ご要望をお聞かせください。


ヒペリシンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filehypericin.png 閲覧数 32回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2020-01-29 (水) 10:40:04