ヒポキサンチン(hypoxanthine)

天然に存在するプリン体プリン塩基)のひとつ。イノシン酸が持つ塩基

ヒポキサンチンの化学構造

アデノシン代謝においてはイノシンを経て生成される中間代謝産物サルベージ経路における核酸の合成の途中でも見られる。*1*2

キサンチンオキシダーゼ触媒されて酸化され、キサンチンとなる。

*1福岡大学 理学部 機能生物科学研究室 生物化学C 講義資料 核酸の代謝: http://www.sc.fukuoka-u.ac.jp/~bc1/Biochem/pdf/bcC_12.pdf
*2hypoxanthine | C5H4N4O - PubChem: https://pubchem.ncbi.nlm.nih.gov/compound/hypoxanthine#section=Top

ヒポキサンチンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


添付ファイル: filehypoxanthine.png 閲覧数 123回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2018-03-26 (月) 18:24:51