ヒポグリシン(hypoglycin)

シクロプロパンを含むアミノ酸毒物神経毒性を持つL体アミノ酸)。タマシロオニタケ?アキー?に含まれる。*1*2

メチレンシクロプロピルグリシンと同様に低血糖症を引き起こす。

ライチの類縁にあたるアキー?果実もヒポグリシンが豊富で、栄養不良の児童がこれを摂取すると、用量依存性の中毒低血糖脳症を誘発する。この症候群は、アキー?を多食するジャマイカでよく知られており、2歳児から10歳児に多く、重度の低血糖症代謝性アシドーシスを発症する。臨床病態としては、数時間から数日の間に頭痛口渇発汗嘔吐嗜眠発作?昏睡・死が生じる。*3

ヒポグリシンA

ヒポグリシンAの化学構造

ヒポグリシンB

ヒポグリシンBの化学構造
*1日本食品分析センター 千歳研究所 佐藤秀隆 アレルギー物質を含む食品の表示について: http://lab.agr.hokudai.ac.jp/gmtaiwa/070602satou.pdf
*2ライチ。とても大好きなんですが・・・。~大阪動植物海洋専門学校~|動物や水生生物、トリマー技術を学べる専門学校|大阪動植物海洋専門学校: http://www.oao.ac.jp/8663/
*3食品安全関係情報詳細 米国疾病管理予防センター(CDC)、ライチ果実が関係した疑似ウイルス脳炎の推定原因を発表: https://www.fsc.go.jp/fsciis/foodSafetyMaterial/show/syu04260660104

ヒポグリシンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


添付ファイル: filehypoglycin_B.png 閲覧数 9回 [詳細] filehypoglycin_A.png 閲覧数 10回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2019-06-13 (木) 08:13:36